遠藤理子の出身中学校は大成?クラリネット五重奏で受賞歴あり?

三期生の遠藤理子さんですが、Vlog内で非常に上手なドラム演奏をされていました。

そんな遠藤理子さんですが、平成30年の夢の森アンサンブルコンテストのブロンズドリーム賞を受賞されてたのでは?と言う噂があります。

そして、遠藤理子さんはさいたま市立大成中学校出身説も出ています。

なので、今回は遠藤理子さんの出身中学校について書きました。

スポンサーリンク

目次

遠藤理子のプロフィールは?

櫻坂三期生の遠藤理子さんのプロフィールですが

  • 名前:遠藤理子(えんどうりこ)
  • 生年月日:2006年1月9日生まれ
  • 出身地:埼玉県
  • 星座:やぎ
  • 血液型:A

遠藤理子さんは、小さい時から動物が大好きで、犬を飼ってるご近所の家を訪ねて、よく犬と遊んでたそうです。

そして、小さい時は凄く静かな子供だったそうで、小学校が同じで中学校が違う友達に久しぶりに会って、「笑わない子だったよね?」と言われたそうですが、最近は笑う事も話す事も増えたそうです。

Vlog内では、櫻坂の「なぜ恋をして来なかったんだろう」を1か月練習し、上手な演奏を披露されていました。

スポンサーリンク

遠藤理子の出身中学校は大成?クラリネット五重奏で受賞歴あり?

櫻坂の3期生の遠藤理子さんの出身中学に関しては不明でした。

さいたま市立大成中学の表彰の記録にて

平成30年(2018年)9月22日 1年3クラス 遠藤理子(えんどうりこ) H30第6回夢の森アンサンブルコンテスト ブロンズドリーム賞(クラリネット五重奏)

引用:https://onari-j.saitama-city.ed.jp/8seito_katsudou/hyousyou11.pdf

と言う記載がありました。

上記の方は、2018年に満13歳(12~13歳)となりますので、現在17歳の遠藤理子さんと年齢的な部分と出身地的な部分は一致しますね。

ただ、クラリネット五重奏は、一般にクラリネット1本と弦楽四重奏(2本のバイオリンと1本ずつのヴィオラ・チェロ)から成るものを指すそうで、ドラムは入ってないので、もしかしら上記の方は別人なのかも?しれません。

ちなみに、夢の森アンサンブルコンテストはさいたま市内の中学の吹奏楽部の為のアンサンブルコンテストで、多くの学校が県のアンサンブルコンテストへの代表2チームを決める為の予選だそうです。

本日(9月17日)と明日、さいたま市緑区のプラザイーストで「第9回夢の森アンサンブルコンテスト」が開催されます。このイベントはさいたま市内の中学生のためのアンサンブルコンテストで、多くの学校が県のアンサンブルコンテストへの代表2チームを決めるための予選と位置付けています。今年も昨年末同様関係者のみ入場可能ですが、早い次期からアンサンブルチームの編成や選曲に取り組んでいる皆さんに敬意を表します。 本日は13:00開演、明日は10:00開演です。審査結果はプラザイーストのホームページに発表される予定です。 #吹奏楽 #アンサンブルコンテスト #夢の森アンサンブルコンテスト #プラザイースト

引用:https://www.picuki.com/tag/%E5%A4%A2%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

ちなみに。夢の森アンサンブルコンテストでは、ゴールドドリーム賞・シルバードリーム賞・ブロンズドリーム賞・特別賞があり、ゴールドドリーム賞の中で最も得点の高いチームがチャンピオンになります。

引用:https://saitama-culture.jp/sculwp/wp-content/uploads/Day.18_result.pdf

なので、遠藤理子さんは大成中学出身で吹奏楽部だった可能性がありますが、あくまで可能性で実際どうだったのか?は不明です。

遠藤理子は埼玉県さいたま市大宮区出身?

上記のさいたま市立大成中学校は、埼玉県さいたま市大宮区大成町二丁目にある公立中学校になります。

なので、もしかしたら遠藤理子さんは埼玉県さいたま市大宮区出身かも?しれませんね。

あわせて読みたい
遠藤理子の出身高校はどこ?転校先は日出か都内の通信制? 櫻坂の遠藤理子さんですが、出身高校はどこなのでしょうか? さらに、櫻坂に加入し、今後アイドル活動と学業の両立はかなり忙しくなるものと思われます。 実際に、15歳...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次